Forex Robotics、ロボットフォーラム2016内で「翻訳」、「金融」、「セキュリティ」などのロボットアプリを参考出展

Forex Robotics株式会社

2016年7月1日

Forex Robotics 株式会社(フォレックスロボティクスカブシキガイシャ:以下Forex Robotics、本社:千葉県船橋市 代表取締役:高橋一行)は、2016年7月1日に以下を発表しましたので、その内容をご案内します。

【お知らせ】

Forex Roboticsはロボットフォーラム2016講演会内での展示デモンストレーションブースにおいて「未来のサービスロボットに必要な機能(スキル)は何か?」と題し4種類のPepper向けのアプリを参考出展いたします。

展示デモンストレーションブースは7月1日と8月2日の計2回出展予定です。

※1:ここで紹介するサービスロボット向けアプリはいずれもForex Roboticsが独自で開発したものです。

※2:当日のネットワーク接続の状況によっては動画による参考出展の可能性もございます。

【外国人向けインバウンド対応翻訳アプリ】

サービス概要

日本政府は2020年の訪日外国人観光客数を4000万人に目標引き上げを行っています。しかし店舗や観光地での標識、案内などの外国語対応は進んでおらず対応できる人員も容易には増やせません。 今回のアプリは、英語・中国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語の5か国語でPepperを介して翻訳しながら、対話支援をするアプリケーションを参考出展いたします。

【Pepper向けFX取引アプリ】

サービス概要

 未来のサービスロボットはAI等を使い自分自身で投資を行っているかもしれません。 今回のアプリは、OANDA fxTradeレート(※3)を使い、実際のリアル口座と同じ状況のデモ口座でのFX取引アプリを参考出展いたします。 ※3:レートの表示等にOANDA Japan様のWeb APIを利用していますが、本アプリの制作にOANDA Japan様は関与しておりません。

【セキュリティ探索コンセプトアプリ】

サービス概要

未来のサービスロボットには、パソコン、スマートフォンやデジタル家電と同様に、コンピュータウイルスや不正アプリのリスクが存在します。 今回のアプリは、Pepper上で動くセキュリティ脆弱性探索アプリというコンセプトでランプの精に扮したPepperが3つのセキュリティ脆弱性の検索を実行します。 コンピュータセキュリティ研究家でもある弊社代表が作成しているため、セキュリティリスクの危険性のないデモアプリになっていますが、探索結果は実際のデータを元に作成されています。

【雑談アプリ】

サービス概要

現在のPepperはフリーワードでの雑談は苦手ですが、クラウド音声認識とクラウドAIを組み合わせることによって自由な言葉での対話機能を実現しています。

【ロボットフォーラム2016とは】

 少子高齢化社会の時代に突入し、労働人口の減少、効率の良い高品質サービス、高度な情報化社会の適応など、人と融和したロボットに対する期待が高まっています。 2014年5月に安倍総理が「ロボットによる新たな産業革命を起こす」と表明し、2015年1月に「ロボット新戦略」が公表されました。そして、同年5月に「ロボット革命イニシアティブ協議会」が始動し、幅広い分野で数多くの関係者が集結しています。  今回ご案内いたします全4回の講演会では、サービスロボットの現状とその中核となる技術、高度情報化に対応したIoTの活用、ロボットの応用・活用事例を紹介いたします。 講演に参加された皆様方の新たな事業展開、強化すべき要素技術の把握など、技術支援の一助となれば幸いです

【Forex Roboticsとは】

Forex Roboticsは2015年に日本で設立されたソフトウェア会社です。

「先端技術をすべての人に」をミッションに、今後20年で成長する金融、ロボット、機械学習をベースとした製品・サービスの提供をしていきます。

【関連URL】

プレスリリース原文

お問い合わせ、ご相談は以下URLからお願いいたします。

お問い合わせURL